<絆の会コラム>

<絆の会コラム>  |

性別、年齢問わず、医師は誰もが必要とする職種です。怪我をした時、風邪をひいた時、病気になった時、体の調子を確かめる時など、病院に行って医師の診察を受けます。これまで一度も病院で診察を受けたことがない、という方はいないはずです。

日常において、特に医師の存在が重要となる方もいます。高齢者の例が分かりやすいでしょう。人は歳を重ねるにつれて身体能力や免疫力が衰えます。怪我をしやすく、また病気にかかりやすくなります。些細な怪我・病気が命の危険に繋がりやすいのも高齢者です。高齢になると医療費の自費負担が減る「後期高齢者医療制度」があります。これは、怪我・病気によって命を落とすリスクの高い高齢者が、気軽に診察・治療を受けられるように配慮しているという面があります。

全国的に高齢者の割合が多い日本ですが、近年は医療需要が減少しているというデータがあります。以前に比べて日本の人口自体が減少しているためです。若年層が減り、高齢者が増えている現代では、今後特に外来患者が減少すると予想されています。

しかし、全国的に医療需要が減少傾向にある中、今後も変わらず医療の需要が増加すると見込まれている地域もあります。それらの地域には、人口が集中しているという共通項があります。

神奈川県も、医療需要が増加すると考えられている地域の1つです。神奈川県は、東京都に続いて総人口数が多い地域で、高齢化率も全国3位です。そのため、今後の医療需要が高まる地域の1つとして数えられています。

神奈川県の医療施設数と医師数は決して少なくありません。むしろ総数は全国でもトップクラスです。しかし、それだけの医療施設があり、医師が配置されていても、患者数が多いため患者1人あたりの医療環境が充実しているとは言えません。

また、神奈川県だけではありませんが、地域によって医療施設数や医師数に偏りがある点も課題とされています。神奈川県西部は東部に比べて施設数・医師数ともに少なく、改善が求められています。東部に比べて医師の賃金が高額であることからも、西部でいかに医師が必要とされているかが分かります。

一方で、神奈川県西部の医師求人数は少ないと言われています。求人情報を見つけにくい状況となっているので、西部の医療施設で働くことを検討している方は、ドクタービジョンを利用することをおすすめします。

ドクタービジョンは、地域ごとの情報に特化した医師専門の求人サイトです。地域の他、診療科や施設形態を絞り込んだ求人情報検索が可能です。求人情報が少ない地域でも、希望の求人を見つけやすいサイトとなっています。

神奈川県は、すべての県民が充実した医療を受けるために、「神奈川県保健医療計画」を策定しています。医療環境の整備を目標としていることから今後、医師の待遇が向上することも考えられます。現在、医師を目指している方にとって、神奈川県はもっとも就職を目指したい地域と言っても過言ではないでしょう。

«

LastUpdate 

医者の服装と言えば、まず白衣を思い浮かべる方がほとんどであると思います。漫画を原作とした火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」をご存知でしょうか?こちらのドラマでは、人気俳優の佐藤健さんが、 「魔王」と呼ばれる冷淡な医師を演じています。佐藤健さんの人気と、彼が演じる天堂浬というキャラクターが大きな反響を呼んでいるこのドラマで、佐藤健さんは白衣を着ています。

「恋はつづくよどこまでも」 に限らず、ドラマや映画で見かける機会が圧倒的に多い医師の衣装は「白衣」です。そのため、医師の制服は白衣であると考える方がほとんどです。しかし、実際には、医者が仕事着として着る服には、白衣のほかに「スクラブ」「ケーシー」があります。

白衣・スクラブ・ケーシーは、それぞれ異なる特徴を持つ衣服です。具体的には、以下のような特徴や違いがあります。

白衣

服の上に羽織る丈の長い衣服である「ドクターコート」を指して白衣と呼ぶことが多いです。もっともオーソドックスな医師の服装と言っても過言ではないでしょう。実は、長い裾が床に着いたり、引っ掛かったりして、機能面ではほかの2つの衣服に劣ると言われています。

スクラブ

丈夫な生地で作られている半袖Vネックの医療用シャツです。強くこすり洗いをしても傷みにくく、衛生的な衣服です。ほかの2つの衣服に比べて1着あたりの値段が安いので気軽に買い替えられ、すぐに衣服が汚れる医療施設では好まれます。最近ではエステサロンや介護施設でも着用されています。

ケーシー

ほかの2つの衣服に比べてより動きやすい作りの衣服です。腕を上げても袖が上がらず、また、肩や腕の動きを制限されにくいという特徴を持っています。スクラブに似ていますが、Vネックのスクラブと違い、首元はタートルネックになっています。元は床屋が着ていた衣服で、現在では医者のほかにリハビリや介護を行う福祉職の方も着用しています。

前項に挙げた白衣(=ドクターコート)・スクラブ・ケーシーのうち、医療施設での人気が上昇しているのが衛生面と機能性に優れたスクラブです。

病院などの医療施設は、血液などですぐに衣服が汚れる反面、清潔感が重要視される職場です。そのため、洗濯しやすいスクラブは、ドクターコート・ケーシーよりも衛生的な衣服と言えます。また、衣服の形がTシャツに近いので、汚れた際に脱ぎ着がしやすいのも、忙しい医者達に着用される理由です。

機能性に関して、動きやすさはケーシーに軍配が上がりますが、スクラブも負けていません。前述の通りTシャツに近い形であり、かつ薄くて軽いので、手術の際にも着用されています。

白以外の色を選べるのもスクラブの利点です。白は、患者に清潔感のあるイメージを与える一方で、不安感を与える色でもあります。近年はドクターコートにも水色やピンクのものが増えましたが、選べるカラーはスクラブのほうが圧倒的に多いので、診療科によっては、心理療法の面から色を工夫しているケースもあるそうです。

スクラブに人気が集まっているとはいえ、それは現場で働く医者達からの評判です。患者はと言うと、ドクターコートを好む方が多いことが分かっています。

2005年に米国サウスカロライナ医学校の医者達が、内科医として好ましい服装に関する研究結果を報告しています。これによると、救急外来時や心理的な問題で相談をする時を除いて、内科医の服装はドクターコートが望ましいと答えた方が圧倒的に多かったそうです。

また、全体の80%以上が、ドクターコートを着ている医者がもっとも信頼度が高いと回答したという結果が出ています。内科だけではなく、同年、フロリダ州で皮膚科外来の患者を対象に行われた調査でも、ドクターコートが好まれるという研究結果が報告されています。 「病は気から」と言われるように、患者の心に安心感を与えられるのは、ドクターコートかもしれません。

しかし、医者の仕事を考えると、衣服の機能性は決して蔑ろにはできません。幸い、ドクターコートを着ずにスクラブを着ている医師を悪く思う患者はほとんど存在しません。必要ならば、やはりドクターコートよりもスクラブを着ると良いでしょう。

アルファユニでは、スクラブにネーム刺繍やデザイン刺繍を依頼することができます。患者の気持ちを明るくする工夫をスクラブにほどこすことで、患者からスクラブへの評価も高くなることでしょう。いつか、「医師の制服はスクラブである」というイメージが根付く日がくるかもしれませんね。

« »

健康医療の情報